婚約指輪と結婚指輪の違いは?

結婚するときに必ず用意する「指輪」

この指輪の種類には「婚約指輪」と「結婚指輪」があります。

婚約指輪と結婚指輪の違いについては、みなさんご存じですか?

婚約指輪は結婚の「約束」として、一般的に男性から女性に贈る指輪です。

指輪自体はダイヤモンドなどがメインストーンとしてついていることが多いです。

ダイヤモンドではなく、ピンクダイヤモンドや誕生石などを付ける方もいます。

結婚指輪は結婚式で新郎・新婦が交換するペアの指輪です。

結婚後も長くつけていくことから、デザインはシンプルなものが多いです。

女性側の指輪にはダイヤモンドなどがついているものも多いです。

簡単にまとめると、結婚前が「婚約指輪」で結婚後が「結婚指輪」ということです。

そうなると婚約指輪は短い期間しか身につけないですよね。

「何十万もするのにもったいないから購入しない」と思う方もいるかもしれません。

確かに最近では、婚約指輪を購入しないカップルも増えてきています。

結婚生活は結婚式以外にも新居探しや新婚旅行など、お金がかかるものです。

そこで婚約指輪を省いて節約するのもひとつの方法でしょう。

短期間しか身につけないのにもったいないと思うならば、結婚指輪と一緒につけられるタイプもあります。

婚約指輪と結婚指輪を二つ重ねづけするのも、なかなかオシャレですよ。

婚約指輪と結婚指輪の違いを理解し、正しいものを正しい期間身につけるようにしましょう。

ヒアルロン酸注入の持続期間について。

ヒアルロン酸注入で目立ってしまったしわを目立たなくしたり、より女性らしい鼻筋や唇を作り出すことができます。
このブログでは、ヒアルロン酸が注入されてからの持続期間に関することを記載したいと思います。

●ヒアルロン酸の持続期間の平均について

注入部位にもよりますが、短くて半年、長くて一年前後持続すると言われています。
もちろんヒアルロン酸は次第に皮膚に吸収されていくものですので、施術後から少しずつ減少していきます。
ですので、完全になくなってしまう前に量を調節しながら足していく、という施術方法が一般的のようです。
つまり、2回目以降の施術は前回の注入で吸収されてしまった分の補てんになるため、初回の施術より注入量も少なく、さらに費用も少なくなります。

●注入部位による持続期間の差について

注入部位の持続期間には個人差があります。
特に違いを感じやすい部位として挙げられることが多いのが、目の周りです。
目の周りはヒアルロン酸の量が少なめとなるので、少量の吸収であっても目に見えて量が減ったように感じてしまいます。

●持続期間を流するための方法

注入方法を工夫する必要があるようです。
注入する場所を皮膚表面の近くにするといったことがあります。