婚約指輪と結婚指輪の違いは?

結婚するときに必ず用意する「指輪」

この指輪の種類には「婚約指輪」と「結婚指輪」があります。

婚約指輪と結婚指輪の違いについては、みなさんご存じですか?

婚約指輪は結婚の「約束」として、一般的に男性から女性に贈る指輪です。

指輪自体はダイヤモンドなどがメインストーンとしてついていることが多いです。

ダイヤモンドではなく、ピンクダイヤモンドや誕生石などを付ける方もいます。

結婚指輪は結婚式で新郎・新婦が交換するペアの指輪です。

結婚後も長くつけていくことから、デザインはシンプルなものが多いです。

女性側の指輪にはダイヤモンドなどがついているものも多いです。

簡単にまとめると、結婚前が「婚約指輪」で結婚後が「結婚指輪」ということです。

そうなると婚約指輪は短い期間しか身につけないですよね。

「何十万もするのにもったいないから購入しない」と思う方もいるかもしれません。

確かに最近では、婚約指輪を購入しないカップルも増えてきています。

結婚生活は結婚式以外にも新居探しや新婚旅行など、お金がかかるものです。

そこで婚約指輪を省いて節約するのもひとつの方法でしょう。

短期間しか身につけないのにもったいないと思うならば、結婚指輪と一緒につけられるタイプもあります。

婚約指輪と結婚指輪を二つ重ねづけするのも、なかなかオシャレですよ。

婚約指輪と結婚指輪の違いを理解し、正しいものを正しい期間身につけるようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>